自己紹介をお願いします

2015年に司法書士法人えん道グループに入社しました。
昨年、令和2年度の司法書士試験に合格しまして、いま司法書士登録をしております。その前までは司法書士法人えん道グループで補助者をやっておりました。

司法書士資格の取得には何年くらい勉強しましたか?

事務所に入所してから勉強を始めましたので、約5年間勉強しました。
試験自体は5回目で合格しました。

どのように勉強を進めたのですか?

初めて受ける試験ではあったのですが、法学部の出身で法律関係の試験ということで、初めはあんまり難しくないんだろうなと思って、いわゆる舐めてかかったふしはありました。
ただやっぱり司法書士試験というのは思っている以上に広く深い知識を問われる試験でしたので、ちゃんと勉強を見直さなきゃなというところで、2年目からは緻密に勉強計画を立てるようになりました。
ただやはり勉強計画を立てたからといって簡単に受かる試験ではなくて、一味に計画とは言いましても、どの教科を・どのあたりをどれくらい勉強するですとか、ただ勉強するだけではなくてどこが出来ていないかとかを正確に把握した上での勉強計画を遂行しないと受からない試験であることは思い知らされて、それから勉強を緻密にするようになりました。
なんと言っても物量が多い試験ですので、最後の1年間で、全ての趣味を置いておいて勉強のみに集中すると。絶対に受かるんだという覚悟を持って勉強を進めました。

勉強時間はどれくらいでしたか?

平日はおよそ3時間から5時間ほど。休日はおよそ5時間から10時間ほど、勉強に費やしました。

仕事との両立はどのようにしましたか?

仕事終わってからももちろん勉強しましたし、仕事に行く前にも早起きして勉強しておりましたし、何かスキマ時間さえあれば本を手に持ってずっと法律用語を唱えながらひたすら勉強にいそしんでいました。

合格がわかった時はどうでしたか?

相当うれしかったですし、うれしいと同じくらい感じたのが安心感。
ここまで死ぬ思いで勉強をしてようやく合格できたなと、やっぱりうれしかったのと非常に安心することが出来ました。

合格の報告はしましたか?

はい、最初は妻にしました。次に職場でした。

職場での反応はどうでしたか?

LINEで合格報告をしたんですけれども、ポンポンポンとおめでとうのスタンプの嵐でした。
その時は事務所の外におりまして外から合格の報告をしたんですけども、事務所に帰ってきた時はまるで英雄が帰ってきたかのように拍手でお出迎えいただきました。

仕事への取り組み方は変わりましたか?

一番は、今まで補助者としての立場でしか出来ない仕事があるんですけども、それを資格者として権限と判断力で仕事ができるようになったので、仕事の幅が大幅に広がった点は非常に大きいですね。
あとは仕事に対する見方についてもかなり変わりました。といいますのも、研修を通じて仕事に対する向き合い方ですとか、例えばひとくちに本人確認といいましても、どこをどの範囲でどのくらい正確にやるのかといった本人確認の精度に関しても深いところが求められますので、仕事に関する向き合い方も相当変わりました。

会社からのサポートはありましたか?

金銭的な面というよりかは、時間の面でかなり融通を受けられたかなというところですね。
特に直前期に関しましては出来ることならば仕事をせずに勉強したいというような気持ちでしたので、たとえば極力、外に出かけるような、時間がかかるような案件に関しましては他の人が肩代わりしてくれました。
比較的休みが取りやすい事務所ですので、有給を使ったりですとか時間休と呼ばれるものもあるんですけど、そういった中で休みを駆使して勉強時間を多く作って、そこらへんで融通を効かせることが出来たなと思います。

先輩に質問などもしやすかったですか?

勉強をしていて過去問でつまづいたところとか先輩に聞きやすかったですし、あと自分の手持ちの本だけでは分からないようなことも先輩に聞いて、この本を読んでみるといいよと事務所の本を見たり借りたりして分からないことを無くすことが出来ました。
頼りになる先輩も多いですし、先輩方にも非常に頼りやすい環境ではあります。

今後のビジョンはありますか?

一般的に司法書士の資格を持った方々は独立を視野にいれて修行を積むんですけども、私も独立に関しましてはまったく考えていないわけではないんですけども、やはり司法書士法人というものが多く増えてきたなかで、この事務所のような大きな事務所のなかで司法書士としてやっていく道もあるのかなと思っております。
えん道グループは不動産登記が中心なんですけども不動産登記以外にいろいろな経験を積める機会がございますので、この事務所で積める経験はすべて積んで、その後のことはまた考えていきたいなと。
基本的には司法書士法人で勤め上げていきたいなという考えです。

これから取りたい資格などはありますか?

えん道グループは司法書士の他にも、行政書士や土地家屋調査士などのいわゆるワンストップサービスなんですけども、いろいろな業種の仕事が出来る事務所です。 せっかくこのような環境に身を置いているので、残りの行政書士や土地家屋調査士などに関しても視野に入れてみたいなと考えております。

平日は何時に仕事を終えますか?

基本的には私は午後18時から19時までの間には帰っています。

定時に帰れるんですね

自分の仕事さえ終われば、たとえば定時に帰ったとしても後ろ指さされるような環境ではございませんので、自分の仕事がある程度把握できてそれが終わってさえいれば、自分のペースで仕事をして自分のペースで帰ることが出来る環境ではあります。

帰宅後はどう過ごしていますか?

このご時世ですので、妻と一緒に映画を観たりですとか近所にお散歩に行ったりですとか、夕食に関しましては日替わりでどちらかが夕食を作るといったこともやっております。
あとは勉強にあてられる時間がたくさんありますので、試験勉強とは別の、たとえば私の場合外国語に興味がありますので英語の勉強ですとか、あとは研修の勉強、自分が興味ある分野の勉強にあてることが出来ております。

平日の就寝時間は何時くらいですか?

寝る時間はその日のテンションとかにも寄るんですけれども、概ね12時前くらいまでには眠っております。

休日はどのように過ごしていますか?

最近は運動不足を痛感しておりますので、体力をつけたいと思いランニングなどをしております。家を出て、近くの公園を5周6周くらいしておよそ30、40分くらい走っているというかたちになります。
それから、もともと本が大好きですので大きな本屋に行ったりですとか、最近はパン屋巡りが趣味になっておりますので近所のパン屋を巡ったりですとか、コロナ禍になる前でしたら旅行によく行っていました。国内国外問わず、いろいろな所に1年に3、4回くらいはでかけておりました。

休暇も取りやすいですか?

はい。非常に休みは取りやすいですし、有給休暇も取りやすいですし、えん道グループの場合たとえば1日のうちの2時間だけ休むような時間休というものも取ることが出来ますので、自分の働きやすいようにまた他の趣味があればそちらにも時間を費やすことが出来るように、時間の使い方が柔軟に出来る事務所かなと思っております。

今後始めたい趣味などはありますか?

いまは特別研修という認定司法書士、簡易裁判所の訴訟代理権を獲得するための特別研修というものをこれからやるんですけども、その最終試験的な立ち位置である認定講座に受かったあと、これが9月の頭くらいですのでそれが終わったら、ゴルフや登山ですとかそういったもう少し大人の趣味を始めてみようかと考えております。

求職中の方へメッセージをお願いします!

えん道グループは様々な案件が来ます。これから司法書士を目指そうとしている方、それから司法書士の資格を取った方、いずれの方に関しましてもいろいろな案件で経験を積むことが出来ます。
また、時間の使い方も柔軟に考えて仕事が出来ますので、勉強をする時間にもあてられますし趣味をする時間にもあてられます。勉強も出来ますし趣味の時間も取ることが出来るというワークライフバランスをかなえることが出来る事務所だなと考えております。
なので自分の生活をよりあざやかに彩りたい方、ぜひえん道グループの門を叩いていただければと思います。